だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

思い出す。

夢を見たいと思う。
浮かぶのは、あの子との生活で
とても幸せだった時を思う。

僕には、金も無かったし、職も無かった。
ただ、寂しさとか不安とか紛らわすために君しかいなかったんだと思う。
僕はあの子の顔を思い出す。
はにかんだ顔を思い出す。
遠くからの君を思い出す。
思い出す、思い出す。

思い出してばかりだと、進めないと分かっている。
だけど、僕は君との生活を思い出す。

夢見てたのか、それとも現実だったのか。
よく分らなくなってくる。

僕はあの日から進んでいるはずなのに、
今の僕と君が一致しないのだ。

だから、僕はそれが過去だと分かる。
君を思い出す。
本当は、思い出したくないのに、思い出す。

君はきっと僕を知らない。

いつかはきっと君の知らない僕になる。
そう遠くはないいつか。
僕も思い出さないときが来るんだろうか。

行方不明の孤独は、いつもここにある。
誰かといても、あの頃のあの時の僕には戻れないんだ。

だから思い出す。そして、分からなくなるんだ。

Remove all ads