だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

天井

僕は途方に無く散らかった部屋の天井を見つめる。
ベッドに寝転がったけど、沢山ある丸めたティッシュが邪魔だ。
黄ばんでいるのは天井とティッシュ。
俺は今日も夢を見る。
幸せだったいつかのことだ。

俺には今、金も無い。職もない。
失業手当はもう尽きた。
貯金だっていつきれるか分らない。

あぁ〜煙草が吸いて〜ビール飲みてぇ〜
セックスもしてぇ〜

そんな事を思って、鍵を閉めて引きこもっている。
ドアをノックするのは、宗教か、新聞の勧誘。

携帯電話はいつから止まっているんだろうか。
TVはとっくの昔に捨てた。

PCの光だけが僕を世の中につなげている。
可愛い女の子が画面の向こうで踊っている。

部屋に転がった漫画本もCDも売ろう。
いくつかの金にはなるはずだ。

それで、煙草とビールを買おう。
髭剃りも買おう。

そして、僕は布団から立ち上がって
灰皿の中から、吸殻をひとつとり、ライターで火をつける。

なんだか惨めったらしくて涙が出てどうしようも無かった。
どうしようも無いけど、僕はまた布団に入って夢を見る。

Remove all ads