Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

光の中で眠ってしまおう。青春にさよならを言うよ。

銀杏BOYZがアルバムを出した。

9年ぶりだ。15歳だった僕は24歳。

 

待っていた。そう思っていた。

だけど、アルバムを買った瞬間。

このメンバーでのライブが

これで終わりなのかなと思ったら

もの凄く寂しくなってしまって。

一日アルバムを聞かないで寝かした。

 

あびちゃん、チン君、村井君、峯田。

銀杏BOYZの青春は終わったのだ。

正直、待ちくたびれていた。

あの頃の僕を引きずっていくのも疲れた。

悲しいくらいに大人だ。

いろんなもんを飲み込んだ。

そして、いろんなもんを理解した。

 

あの頃叫んでいた正義は

もう僕の中で消火しきっていたのだ。

 

ずっと聞いている。

青春は終わったのだ。

もう終わっていたのだけれど。

これでやっと完結だ。

 

僕の青春は終わった。

だけど、峯田は僕のヒーローに変わりはない。

アルバムにだって評価なんて出来ない。

だった、そこに自分がいたんだもの。

その音楽には僕がいた。

そして、バンドをじっと眺めている僕がいる。