Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

ルドンと悪の華

女の子に誘われてルドンを見に行った。
正直、何がいいのか分からんくて、とにかくただそれを分かろうと
絵と向き合った。

その子から借りた悪の華はちんこがたつほど、すっごく変態的で、素晴らしかった。

俺には芸術とか分からん。多分センスとかもあんまりないんだと思う。

だけど、その後、飲みに行って、だいちは書かなきゃダメだよ。
いいものもっているものって。

そう、手を握られて、頭をなでられたら、その子を好きになりそうになった。

そして、この前女の子と寝た。その子とは違う女の子だ。

セックスをしないで、眠った。

傷つくのはごめんだ。誰かに愛されるのも苦手だ。
だけど、愛したいんだ。

そういうような気分で、今日もいきているよ。