Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

すくう

あなたがスプーンですくって食べてくれたから僕は救われました。

ソーダ水の中で眠っていた僕をストローでぶくぶくして浮かせてくれました。

溢れ出した想いが君にかかって、白いワンピースを汚してしまったね。

安心だからっていって、連れ出してくれた街は夜なのにとても明るくて

僕はぱちぱちと弾けたようにまばたきをしていた。

あなたは僕が元気になると、どこかの誰かと一緒に幸せの海へ行った。

いつでも幸せよ。なんてあなたは言うけれど。

22歳の僕にはまだ力がなくて、ただただウイスキーを飲んでタバコを吸っていた。

目覚めたら少し優しくなれるような気もしたし、なんだか気だるくなって寂しくもなったんだ。

あの日から僕はすくう側にまわろうと思った。

あなたがそうやったように僕は同じようにまただれかをすくう。

 

ギターの弦を張り直して

少しばかりギターが上手くなったら

僕を救ってくれた人たちに囁くように

また誰かを愛するだろう。

 

みんな寂しくて埋もれてしまわないように

 

 

Remove all ads