だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

首切り探偵

目を開けたら、そこは無数のビニール袋とまるまったティッシュが広がっていた。

布団の上で寝返りをうったら、隣にタバコの吸殻があった。

 

あぁ、俺は無職である。吸ったタバコをかき集めて

吸えるものを探す。しけったタバコに火をつける。

 

昨日は、安い麦常駐を飲みながら

公園で拾った小説を読んでいた。

 

とことん腐っちまった。

数ヶ月前までの生活はまるで夢だったかのように。

 

数ヶ月前、俺は一流企業で働く一流のサラリーマンだった。

一流といえば、それぞれあるが

合コンなんかで名前を出せば、モテるくらいの位置にある会社だ。

俺はそこで、びしっと決まったスーツを着て、働き

夜には、洒落た女とバーに出かけた。

毎日働き、女を抱き、何不自由なかった。

 

人生にはいろいろな転機がある。

悪いほうへ転ぶか、良いほうへ転ぶか、転ばずにいられるか。

俺はとことん悪いほうへ転んだ。それがこの座間である。

 

ある日、女に出会った。

人生を狂わせられる理由のだいたいは女なのだ。

それは一人で入ったバーで起きた。

 

ウイスキーを飲んでいると、

綺麗な女がたっていた。

赤いマニキュアをして、赤い唇をして、赤いハイヒールを履いていた。

 

「隣、いいかしら。」

「あっ、ど~ぞ。」

 

俺はその日は、仕事が上手くいかないせいでイライラしていた。

それは俺の出世を決める大事なプロジェクトだった。

自分の選んだ部下たちは有能で仕事も速い。スムーズにいくはずだった。

しかし、行く手を阻んだのは、その仲間達だったのだ。

もう、その時点で仲間ではなかったが。。。。

 

簡単な話だ。どこでもある話だ。

俺は出世しすぎたのだ。気づいたら、俺を妬む連中がわんさかいた。

周りを見たら、俺を貶めようとするやつらが俺を囲んでいた。

 

大事なプロジェクトは、破綻し

俺はその責任で地方に飛ばされるという話だった。

 

やけ酒だと、ウイスキーをたらふく飲んだ。

朦朧とした意識の中で、隣に女がたっていたのだ。

 

「隣、いいかしら。」

「あっ、ど~ぞ。」

「大分、酔われているみたいだけど。」

俺はうなずいた。

 

「世の中、嫌なことばっかりよね。」

俺はうなずいた。

そして、意識が消えた。

 

目が覚めたら、俺は真っ白なベッドの上で裸で眠っていた。

「あぁ、起きたの?」

俺は何が何だか分からなかった。

冷静を装うとした。

「ごめん、何も覚えてないんだ。」

「そうよね。大分酔っ払っていたから、私が連れて帰ったの。」

「で、俺はやったのかい?」

「そうね。やったわ。でも、大丈夫。私こういうの慣れているから、気にしないで。」

「今何時?」

「今7:00ね。」

「会社に行くよ。」

「うん。コーヒー飲んでく?」

「うん。飲んでく。」

 

それから、コーヒーを飲んで女の家を帰った。

会社に向かい、プロジェクトの再始動と、

部下の後輩がプロジェクトリーダーになるという報告を受ける。

 

そして、上司から呼び出される。

「達之君、大変なことをしてくれたね。」

「どうしたんですか。」

「昨日、君が抱いた女は社長の愛人だ。」

 

まぁ~そういう訳だ。

何が何だか分からないうちに、俺は会社を辞めなくてはいけなくなり。

こうやって、生活をしている。

 

俺はまた、しけったタバコに火をつける。

 

ピンポーン。

「はい、どちらさまでしょうか。」

「私。」

聞いたことのある声だ。そうだあの女だ。

 

「何の用だ?俺をはめておいて。」

「あなたに話があるの。いれて。」

「いやだ。」

「なら、外でお話をしましょう。とても大事なお話があるの。」

 

俺はその数ヶ月後、何故か探偵になる。

 

 

 

Remove all ads