Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

僕らは劇的な変化を求めている。
上手く説明出来ないけど、みんなが言う。
「なんか、いいことないかな。」であったり
「なんか、おもしろいことないかな。」の 「なんか」の部分だ。

僕は最近ネットに心を開かないようにしている。
そこには無数にいる名前の知らない不特定多数のあなた達だ。

最近、本を読む機会を与えてくれるのはブログだったりする。
ただ、そこにある感情であったり、言葉であったりは
twitterであるとか、FBであるとかよりも、もっと自分に向かっている気がするから。

僕らは終わらない日常を必死で生きるしかないのだ。
そこに劇的な「なんか」は存在しないのは、僕らは理解している。

ただ、「なんか」は起こってしまった。
対して面白くもない、悲しみや不安だけど「なんか」だった。

僕らはそれを気づかないふりして生きたり
はたまた、気にし過ぎて、心を病んだりする。

結局僕らは「なんか」なんか必要としてなかった。
ただ平穏に「なんか」に夢を見ていればよかった。

僕はここの所、耳を閉ざし、目を閉じ、心を開かないようにしているだけれど
結局、そういうことをしていると人を傷つけるし、いろいろ上手く行かない。

僕はこのなんとも説明言いがたい気持ちを何処に向けよう。
昔は彼女であったり、友達であったりに話していたんだけどな。

大切な誰かがまた出来たら、機会があれば、そうやって見よう。
結局伝えようと思わなければ、僕自身さえ気づかないんだ。