Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

心非

27歳は怒涛だ。

26歳の僕は散々だったんだ。

そして僕は見た事も経験した事もないことが

世の中にはいっぱいあるってこと。

悲しいこともたくさんある。

ただ、その悲しさを乗り越えようとしている人たちを見ていると

よくわからないけど、涙がでてくる。

もちろん悲しさの共感はあるけれど、

人の光というかそういう優しさをみることもあって

なんだか、いろいろと涙がぼろぼろでていく。

そして、26歳の後悔は後悔ではなかったんだと思う。

後悔をしない人生は難しいと思うけど

少なくとも、自分で決めた事には

失敗したとしても、それはそれで価値がある。

衝動だとしても、行動には価値がある。

そして人に優しくしたいと思ってした行動には価値がある。

僕自身の評価はできないけど、誰かから見える僕がそこにいたら

それは美しい。

 

生きる事は儚い。

死は美しい。

僕は確かに命に触れた。

なぜ、いい人は死んでしまうのだろう。

 

 

Remove all ads