Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

2011年08月01日00:20 働いて眠るだけ キープオンロッキン

 

 

 

 



考え事。
疲れていると理由。
ビール。
あの子の妄想。
涙。
映画。
音楽。

何が何だか分らない。
フジロックも行けなかった。
あの子にも会えなかった。

ただただ、音楽を聞いて
また僕は逃げこもうとする。
悩もうとする。苦しもうとする。
自分の物語を書こうとする。

愛しかねぇ~よばかやろう。

監督失格が見たいです。
一緒にいってくれる人を募集します。

http://k-shikkaku.com/

今日も泣きます。
泣きたい事なんていろいろあるけれど
理由はよく分らない。

結局、大人ぶるのが嫌なんだ。
ロックンロール。

僕はあの子に大切なものをあげた。
洋服だったり、好きな本だったり。
僕はそんなことあまりしたことがなかったけど。
大切なもののいくつかを分けたのだ。

頑張っているんだけど、
何の為に頑張っているのかわからなくて。
大切なこと言えなくて
どんどん心が離れていく気がする。
ちっぽけな僕のプライドとかどうでもいいようなものでだ。

それなのに、僕はあなたを見つめらずに
また夢を見ようとする。

なんてダメな奴なんだ。
僕はほら、輝いているのを見せたいだけなのに。

僕はなんてダメな奴なんだ。

そう全部物語に入れてしまおうとする。
リアルと妄想が訳が分からなくなる。

大人になんかなれないよ。
支えて欲しいのさ。

疲れていると言い訳にして
いろんなこと見ないようにしてしまう。
本当は気づいているはずなのに。

そして、知らぬ知らないうちに誰かに助けられて

身内イベントでいいんで、ロックへ僕を連れだしてくれ


音楽転がしてロックンロール
甘い誘惑ぶっ飛ばしてくれ。

どうでもいいと言ってくれ。
頭がでんぐり返し

転がれ、緑の魂。
綺麗に透明にはじけてしまえ

触れてくれ、触れてくれ
怒らせてくれ

なぁバンド組もうぜ。
かっこいい奴。
みんな濡れちゃうような奴。
泣いちゃうような奴。
ちょっぴり寂しくなって
ちょっぴり恥ずかしくなって
笑っちゃって、泣けるような奴。

男はバカで、ださくてかっこ悪くて
だからこそ素敵でかっこよくて
なんだか恥ずかして、泣けちゃう。
そんな全てを受け止めて、笑ってくれる。
夢見ちゃうような男が好きなんだ。