だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

嘘。

ただ寂しいだけ?
仕事に追われていく時ってすごく充実しているし。
心はすごく前を向いている。
休みの日は酒を飲んで、眠るだけ。

夢を見ることも怖くなるんだ。
ほら、だって一人ぼっちじゃない?
特定な誰かが欲しいんだけどなー。

全部、戯言だよな。

気づいたら、思いのほか歳をとっていた。
僕は空っぽな気がします。
全部嘘。

「私は今どうしてもアイスが食べたいの。だから、 買ってきて。」
深夜2時を回った頃、彼女はそう言った。
「アイスの他には?」
「大丈夫。」
僕はハーフパンツにベージュのTシャツの上に黒いパーカーを羽織りコンビニまで歩く。
買ってきたものはラッキーストライクのソフトパックとハーゲンダッツのバニラアイスクリームだ。

「ねぇ、買ってきたよ。」
「そこにおいて、こっちきて。」
彼女はそういって両手を広げる。
「どうしたの?」
彼女は僕を捕まえてキスをする。
「どうしたの?」
「ありがとう。」
「アイスは?」
「そんなのどうでもよくなった。」
「えー。せっかく買って来たんだから。」
そう言い、彼女の腕をほどき、机の上のアイスを冷蔵庫に入れる。
彼女は笑ってこういった。
「運命じゃない?私はそう思うのよ。」
「何が?」
「君と私。」
「そうでもないよ。たまたま出会ってたまたま付き合っただけだよ。」
「それが運命よ。」
「そうかなー。」
僕は煙草を付けて、冷蔵庫のハイネケンをあけて飲む。
「飲む?」
「いらなーい。」
「ところで、この映画ひどく退屈だね。」
「そうね。」
また彼女は笑って両手を広げる。

Remove all ads