だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

考える。

今日、あなたと電話していない。

なんだか、ぽっかり穴があいたような気持ちだ。

ただ、こうすっぽりと穴が塞がれたような。

型にはめようとしていないのに

あなたはすっと入ってきて、すっとでていく。

あなたの言葉はまるで水みたいに透き通って入ってくる。

自分はきっと知っていて、でも言われたくない言葉であったはずのものも

あなたは遠くから放っていくその無意識な言葉も

僕にとってはひたすらに輝いている。

あなたのことが僕はもっと知りたい。

できれば、ずっとそばにいたい。

僕はあなたを好きな理由がわからない。

言葉にできない。でも、少しずつたまっていく。

たまに言葉にすると、ふふふと笑って、ごまかされるけど

僕はあなたが好きだ。きっとあなたもそれを知っている。

そして、あなたは言葉にしないのだけれど

あなたのためよ。とほんのたまに恥ずかしそうにいう。

わかってるでしょとあなたはいって。

僕は、気づく。あなたがしているその行動ひとつひとつが大事だ。

あなたの時間も、あなたの友達も、あなたの愛した人でさえも

愛おしい。僕はあなたを好きなんだと思う。

でも言葉にしたところで薄っぺらくなってしまうような気がして

こうして、あなたに読まれない。読ませないであろう言葉をただただ書いて気を紛らわしている。

あなたは僕にとって、恋人なのだけれど

まるで実感がないくらい僕はあなたのことをふと考える。

 

Remove all ads