だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

あい

本当、たかしは私がいないとご飯も食べないのよ。

だから、こんな細くなっちゃって。

だって、あやと一緒にいないとご飯がうまくないんだよ。

と真面目な声でいう彼と、確かに美味しそうに笑って食べる彼女を見ていた。

私は彼がもっと、不思議な感じの女の人と付き合っていると思ったんだけど

思いの外、すごく健康的で素敵に笑う優しい人だった。

ものすごく食べるのだけれど、それが下品じゃない。

私もこの人のことをすごく好きになった。

 

私は聞いた。なぜ、たかしさんを好きになったんですか?

そしたら、二人とも見つめ合って、笑った。

「それがね。わからないんだよ。」

そう、二人ともいった。

なんとなく、居心地がよくて

一緒にいたら、なんとなく好きになったんだよ。

この人ってみんなに優しいじゃない?

だから、なんだかいけ好かないやつだと私は思ってたの。

でも一緒にいるとね。本当に不器用なの。

全部が不器用でだからこそ、そういうの練習してきての

優しさだったんだよね。ほら、この人、私にはじめてキスするとき

「よろしいでしょうか。」なんて言ったのよ。笑っちゃうでしょ。

私はそれでなんとなく恋を諦めた。

あぁ〜圧倒的だと思った。

二人はもう恋ではないのだ。

愛なのだ。だから、私のたかしさんへの恋ももろともしない。

 

そして、あやさんは私を傷つけないように、してくれている。

嫌な女を演じてくれているのだ。

たかしさんは、私の好意を知らないから、

優しくできるのだ。

そして、たかしさんは私のことなんか気にもとめてないのだ。

だって、たかしさんはあやさんのことしか愛していないのだから。

Remove all ads