Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

あの子が泣いているから抱きしめた。

酔っぱらっていて記憶がなかったんだ。

僕はまるでどこかのお姫様みたいにキスをして、目覚めた。

王子様であるはずの彼女は泣いていて

ただ僕は抱きしめていた。

どちらかが先に抱き合って

どちらかが先にキスをしたかは覚えていないけど。

そして、僕は怖くなって帰った。

 

覚えてないなんてあんまりだ。

夢だったよかったのに。

あの子に会いたい。

あの子に会って、ちゃんとお礼をいいたいんだ。

それまでのことやこれからのことについて。

 

僕の脳みそは君の記憶を閉じ込めて

思い出すのは心臓の部分の心なのか、心臓なのか。

よくわからないけど、ふと息を止めたら思い出した。

 

あの日はそういえば、君はとても不安定で

あの日の僕は君に夢中だっただけなのさ。

 

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com