だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

夜の隙間

夜の隙間を縫うようにして
僕は踊りながら、酒を飲む。

片手に500mlのビール缶。
さぁ、出かけよう。
用事を済ませて。

夜の蝶は大学生。
今度デートでもしない?」なんて
僕の肩にそっとタッチそながら
「いいよ。」なんて嘘な癖に。

Lineからはフレンドからの長文。
今日は君じゃないんだって。
そう言い、違う女を抱く。

こんな風じゃいつまでたっても
普通の「恋愛」なんて出来ないよな。

寂しいからだよ。
女を抱くのは、ビールを飲むのと一緒。
終わった後、すこし寂しい。
酔いなんて覚めなければいいのにね。

心を開くのは怖くて。
こじれてるんだって
美容師の姉ちゃんが言っていた。

矛先はいつも自分に
ベクトルはいつもUターン。

Remove all ads