Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

バラの匂いのベッド

彼の部屋のベッドはバラのボディークリームの匂いがした。

そして、それは彼女の匂いだと私は知っている。。。

私はその匂いが嫌いだ。

 

私が彼と出会ったのは男友達の紹介だった。

ヤス君は、いつも何処かのバーにいて

酒を飲んでいた。いつも行くのは私達学生が気軽に行ける店ではなくて

少し気取ったしゃれた店だった。

 

「えりちゃん、今渋谷のバーに来てるんだけど飲まない?」

「また、そんないいところにいるの?」

「うん。アニキが奢ってくれるからさ。」

彼が言うアニキは、特定の誰かではなく不特定多数の誰か。

いつもどこかで奢ってもらいながら、酒を飲んでいる。

その奢ってくれる相手のことだ。

 

「えりちゃん、この人はたかしさん。3ヶ月前にここで出会ってたまにここで飲んでいる。」

「ど~も。」

彼はそう言ってにこにこしながら酒を飲んでいる。

髪を結んでいて、年齢は20代後半というところか。

服装は、柄のシャツにジーンズ。職業は不明。

 

「こんばんわ。はじめまして、私もごちそうになっていいんですか?

 ちゃんと払いますよ。」

ヤス君からの電話で、ごちそうしてくれるといったので

きたものの、なんだか悪い気がしてそんな風に言ってみた。