Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

先生

私の知ってる男の子がいた。
彼は煙草を吸って、ビールを飲んで
静かに体を揺らしながら、音楽を聴いていた。

私も昔はよくこのライブハウスに来ていたものだ。
当時の私は学生で所謂グルーピーの中の一人だった。
みんながみんな私だけは特別で、バンドのメンバーと飲むだけで
その人の女になってつもりでいた。
The Doorsを聞いて、ダブルの革ジャンを来て、真っ赤な唇をしていた。
いろんな人と恋に落ちて、いろんな人を傷つけて傷つけられた。


前座の若いバンドは中々良かった。
きっと80年代のロックバンドが好きなメンバーがいるんだろう。
私にも聞きやすい。

身の覚えのある後ろ姿は
いつもよりなんとなく大人っぽいなと感じた。

演奏が終わった時、彼は振り返り
私に気づいたのか。
煙草の火を消して、ビールを飲みまして駆け寄ってきた。


「先生。こんばんわ。」
「こんばんわ。だいちくん、結構やんちゃなのね。」
「停学ですかね?」
そう上目づかいで、私を見る。
「大丈夫よ。見なかったことにしてあげる。
 だから、今日私がここにいるのも秘密にしてね。」
そういって、私は彼から煙草を没収して一本取り出す。
「火。」
「あっはい。」
そう言いながら、彼は私の煙草に火をつける。
「ふぅ~。」
久しぶりの煙草は、少しくらくらしたが
なんだか懐かしい感じがした。
「ほら、返してあげる。」
彼は受け取りながら
「先生も吸うんだ。真面目な先生だと思ってた。」
「昔吸ってた。今はもうやってないけど。後、先生はここではやめてね。」
「はい、分かりました。」

彼はさっきのバンドを見に来たらしく
よく笑い、楽しそうに話していた。
ここは彼にとって、自分らしくいられる場所なんだそうだ。
そういう逃げ場所があるというのは、いいことだと思う。
きっと彼も見えていないところでいろんな我慢をしたり
偽っていたりするんだろう。
彼は優等生でもなく、不良でもなく、所謂普通の男子生徒だと私は思っていた。
ただ、やはり普通の生徒なんていないのだ。
彼らは彼らなりに悩んで、そしてもがいているんだ。

Remove all ads