Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

僕のロックについて

僕のロックとは

この世の得体も知れない空気感と戦う音楽だった。

それは例えば学校の中だったり、社会だったり

もっと身近なことであったり、流行であったり。

 

でも戦うっていうのが不自然に思えてきた。

この世の空気感とはそこに属している自分だから感じるのである。

用は取り込まれている。気づかぬうちにだから、なんとなく気持ち悪くなる。

ライムスターの言っている「らしさ」の疑わしさである。

自分らしく生きるということに強要されていると感じるこの空気。

 

SNSではじまる自分語り。そういうものの胡散臭さがどうも気に入らなかった。

そして、生きていくうちには悩みが増える。

恋愛だけで悩んでいられなくなるし、いつだって将来の不安だったりもついてくる。

 

「好きなことをやることが一番幸せ」

この好きなことってのは何なのか。

自分ってなんなのかという海にはまると帰るまでに時間がかかる。

 

でも、これを書いてて思ったことがある。

僕のロックはもうロックじゃない。

 

だから、僕はもうロックじゃない。

僕にはロックの要素は含まれるけど

ロックではない。もうまったく別のものだ。

もうポップかもしれない。