Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

ある日

あの子は年上の男が好きらしい。
その人からご飯を誘いを受けて飛び跳ねて喜んでいる。

「その人は、どんな人なの?」
「きっと私のこと好きじゃないの。だけど、とっても不器用で優しい。可愛らしい人。」
「そうなんだ。」
「報われるといいね。」
「うん。私は付き合いたいわけじゃないの。ただただ好きになったの。」
「そっか。」

隣にいるけど、あの子は遠くを見ている。
楽しそうに携帯電話を見てる。
僕はそれが悲しくて、嫌になる。

僕はあの子が好きなあの人を見た。
「こんばんわ。友達?」
「うん、そう。仲良しなんだ。」
「仲良しはいいね。あっ、時間ある?良かったら、ご飯一緒に行かない?
 いいよね?」
「うん。いこいこ。」
そうして、僕はあの人とご飯にいく。

「あっ、僕はそんなに食べる方じゃないんだ。
 だから、食べたいもの適当に選んで。あっビール。」
「あっ、私も」
「僕も」
「とりあえず、ビール3つで。」
「承知いたしました。」

適当に料理を運ばれてくる。
「お疲れ、乾杯。」
彼はそう言い、豪快に飲み始めた。
「やっぱ、これにつきる!!元気がでるよね。」
そうして、にこにこ笑っている。

彼女はにこにこしながら、それを見ている。
あぁ~こういう顔するんだな。好きな人には。

「ねぇ、高橋君も学生なんだよね。」
「はい、大学四年です。」
「そうか。いいねー。」
そう言い、笑ってまたビールを飲んでる。
彼女はいつもより、口数が少なくただ微笑んでいるだけだ。
「前園さんは、お仕事は何をやっているんですか。」
「う~ん。簡単にいうと営業職だよ。あと、だいちゃんでいいよ。
 みんなそう呼んでいるからさ。」
「はるかさんとは、どういう関係なんですか?」

Remove all ads