Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

馬場のバー

彼はいつもバーカウンターの端っこに座っている。

「悲しい、悲しい。もう一杯。」

私はその姿を何度かみた。

いつも私より先にいて、私が帰る頃にもまだいる。

 

悲しい表情なんてせずに、いつも笑っているのに

言葉だけはいつも寂しい、悲しいとか言っている。

 

今日は人が空いていて、隣に彼がやってきた。

「なんで、いつも悲しい。悲しいって言っているのに

 笑っているんですか。」

「そうやって酒を飲むのが好きなんだ。

 そうすると悲しいかどうか分からなくなってくる。」

「ふ~ん。変なの。いつも不思議に思っていたの。」

「あなたと話すのははじめてだもんね。ここでは僕はだいちゃんなんだ。よろしく。」

「みんな、だいちゃんっていってるものね。いつも酔っ払っているおかしな人でしょ。」

「うん。いつも酔っぱらって、おかしな言葉ばかり言っている変な人。」

マスターが、笑って「だいちゃん、女の子に絡んじゃだめだよ。」

「うん、大丈夫。大丈夫だよ。マスター。ありがとう。」

この人はいつも思っていたのだけれど、誰とでも仲良くなる。

すっと懐に入っていくような不思議な感覚がある。

 

いつしかマスターが彼に弱音を吐いていた。

彼はにっこり微笑んで、話を聞いていた。

マスターはその後言っていた。

「だいちゃんには弱音が出ちゃうんだよな。

 不思議なやつだけど、なんだかみんなに気に入られちゃうんだ。

 印象強いやつでし

ょ。」

 

それから、何度かだいちゃんとそのバーで会った。

彼は一人で来るか、大体彼の友達と二人でいた。

 

その日、彼はいつもと違った。

静かに強いお酒をちびちび飲んでいた。

いつもは笑っているのに、何かずっと考え込んでいるようだった。

 

マスターが

「あっ、今日ね。そういう日なんだよ。たまにあるんだよ。

 そういう時は、一杯強い酒を飲んで帰るんだ。」

 

彼は何か遠くを見つめて、ずっと酒を飲んでいた。

「マスター、今日もありがとう。」

そう、言い。お会計を払いでていく。

 

「あっ、この前話したよね。

 名前覚えてないんだ。もう一度教えてくれる?」

彼はにっこりと笑った。私は名前なんか教えたことはない。

「あかり。あかりっていいます。」

「あぁ、あかり。今度はちゃんと覚えておくから。」

「マスター今日もありがとう。」

そう言い、彼は帰っていった。

 

「あの人って、何の仕事しているんですか?

 いつも来ているようだけど。。。」

「分からないんだよ。ここはいろいろ聞かない店だからね。

 でも、きっと仕事は出来るんだろうね。そんな気がする。」

「不思議な人ですね。」

「うん、不思議な人だよ。気になった?」

「ちょっとだけね。ちょっとだけ。」

 

 

 

 

 

Remove all ads