だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

ナイフ

満たされたい部分はいつも奥のほうにあって

つかんで放り投げようとすると

その重さにつぶされてしまう。

 

君がいうそれに僕がそっと手をおいたら、

世界はじゅんじゃん鳴っていて

君はその音にびっくりして耳を塞いでしまう。

 

静かにささやきあうことで

響き合って

触れ合うことでふわっとはじけて消えてしまう。

 

夢見たいだね。ありふれているのに届か無い。

振り返る。ねぇ、僕は今どんな顔をしているの?

背中についた張り紙は拭うたびに肌にすりこまれる。

 

優しく触れようとして、臆病になり手を引っこ抜く。

自分の欲望だけのコミュニケーション。

優しさは変わって、諦めをするだけの内容。

 

傷つかれるのは怖くて、傷ついてもいいは嘘。

同じ空気、違う言葉。

 

行動はナイフ。言葉はナイフになって

Remove all ads