Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

ロックンロールに恋して

 
君に想いを伝えたくて
ここまで走ってきたのだけれど
意思を世界に放り投げることさえままならない。
 
私は私と向き合うことはとても辛くて。
 
逃げてしまうことがある。
コンプレックスイメージ.
 
戦う。葛藤する。
 
それが私にとってのロック。
 
私は行動する。
音楽をやっていなくても
私の生き方はロックだ。
 
14歳の時にときめいて
それからずっとずっとときめいている。
辛いとき、悲しいとき、嬉しいとき
私はそれが流れているのを知る。
体を流れていくそれを私は知っている。
 
転がれ、転がれと
私の中の彼は言う。
 
どちらに向けばいいかしら。
どこへ行けばいいのかしら。
 
そんなこと本当はどうでもいいの。
私は彼に恋している。
これからもずっと恋してる。
 
ロックンロールに恋をして
僕ら生まれ変わって恋を知る。
 
ロックンロールに恋をして
僕ら生まれ変わって恋を知った。いえー
 
雨降りの交差点から見る景色は
いつもと違う気がしたけど
実はそんなことはなくて、単純な毎日を
繰り返す日々に飽きただけ
古臭い言葉を並べて評論家気取りのやつらに
見せつけてやるのさ。
 
これがロック。それがロック。
優しくて惨めなやつ。
これがロック。それがロール。
短くて、長い頃。