だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

嘘つき

男と女の友情なんてないのだ。

だから僕は男の友達が好きだ。

僕らは傷を見せあうことが出来る。

僕らは傷を許しあうことが出来る。

でも僕らは僕らの遺伝子を子に注ぐことが出来ない。

いや、いずれはそういうことも可能かもしれない。

 

君に嘘をついた。あなたに嘘をついた。

嘘かどうかも分からない。

嘘かどうかも分からない。

でも、嘘が本当なのか。本当が嘘なのか。

もう分からなくなってしまっている。

 

でもきっと君は傷ついている。

今はそうでなくても、いずれ傷ついてしまう。

 

彼は傷ついている。

彼はとても傷ついている。

僕はそんな彼を救いたいと思った。

救えないのも分かっている。

ただただ、彼を救えば僕も救われるのかなとも思った。

 

人はどこかにまっくらいところをもっている。

それは悲しみ、過ちによる悲しみ。

 

 

 

 

Remove all ads