だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

佐藤

フィッシュマンズを聞く。

世界は少し鈍く光る。

真夜中2:00、重くなった瞼は

電光塔の光をうっすらと映す。

聞こえてくる彼の声は

僕を等しく寂しくさせる。

遠くから眺める群青とほんのり温かい缶コーヒーを

君は覚えているだろうか。。。。

 

小さなビルの3Fに僕の事務所はあって

僕はフリーランスで映像の仕事をしている。

角張った白い壁には、沢山のポストイットが張っている。

寝袋に包まった君は、

「ねぇ、仕事は終わった?」

なんて眠たそうに言う。

「まだ、終わりそうにない。今日は徹夜になるだろうから

 君は隣の部屋でベッドで眠りなよ。」

僕の移住空間は隣の6畳くらいにベッドが転がっているだけだ。

 

君と出会った日を思い出す。

まだ小さなアパートで僕は映画家志望のしがない学生だった。

突然チャイムを数回鳴らされた。

「ねぇ、困っていることがあるの。助けて欲しい。」

 

 

 

 

 

 

Remove all ads