Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

SAYONARA BLUE SPRING

濡れた地面のじとっとした感じ。

心地よかったたら良かったんだけど

年が明けてから、気分がノらない。

もやもやっとした空気感があって。

それを打開する為にもがいていると

クモの巣にひっかかったように、いろんなめんどうなものに

巻き込まれて、身動きが出来ない。

風呂場でお湯を溜めてずっと息を止めていると

そこだけがなんだか居心地がいい気がしてくる。

銀杏BOYZのアルバムを聴いている。

もう感想なんてよう分からないんだ。

ただずっと聞いていたい。

なんだか家では聞けない。

外を歩いているといい。

得に夜、群青色がよく似合う。

なんだろ。大人になるって寂しいよな。

なんだか、寂しいよな。

子供には戻れないからな。

 

SAYONARA BLUE SPRING

ラーメン食べて、涙出る。

ロックンロールの向こう側。

ずっと子供のままでいたい。

あの人何処で何している。

悲しいこともいっぱいしたし

うれしいこともいっぱいした。

SAYONARA BLUE SPRING

僕の青春終わり。