Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

ひとりぼっちの神様。

神様はひとりぼっち。
寂しくないかい?
そうでもないかい、そうかい。

言葉はいつも何処かに飛んでいってしまうだけのものだ。
僕は一日に何時間眠るだろう。

僕は彼女の声を聞いて
安堵するだろうか。

何も傷つけるものはないというのに、
傷つけられたと思うんだろう。

誰も裏切らないというのに
裏切られたと思うんだろう。

まったくもってめんどくさい脳みその回路を
ちゃんと繋いでくれたらいいのに。

あの子は夢みたいだ。
あの子が夢なんだよ。

過去の思い出と封じ込めても
繋がった糸はほどけていくだけ。

今でも好きだと言えば、いいのかい?
どうすればいいのかい?

君は僕を信頼なんかしていないのだろう。
ただ僕は笑って踊って
そうやってピエロみたいに生きて行くさ。

ひとりぼっちの神様