Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

眠れないあの子と一緒にいる。

彼女の鼻歌を聞いたり、寝息を聞いたりして、夜が明けるのを待つ。
彼女が幸せになればいいなと僕は煙草をふかしながら思う。

きっと幸せになれるよと耳元で囁く。
僕は彼女の伸ばしている黒い長い髪を撫でる。

きっと彼女はお昼まで眠れないだろう。


あの頃僕らは夜中まで一緒にいた。
叔父さんの家の倉庫に忍び込んで
一緒にCDを聞いて、毛布に包まって話したね。
僕らはとても良い関係だった。
君は優しいキスを僕にはしたけど、
僕は振り向かなくなって
どっかのサッカー部の奴と付き合っていた。
あの頃は本当に良かった。
気づけば、僕らは大学生になり、東京に出てきたね。
その頃から、君はお金や車を持っているボンボンと酒をよく飲んでいた。
僕はといったら、いつもどおりロックを聞いて、酒を飲んで、煙草をふかし
髪を伸ばした。

井の頭線のホームで君を見た時
一瞬誰だか分からなかったよ。
綺麗な青のシャツとベージュのコットンパンツを履いた男と手をつないでいた。

あぁ、僕は何をやっているんだと思ったよ。

その次はいつだったか、そうだ。
ライブハウスで今度は、小汚いシャツを来た
綺麗な顔のギタリストと酒を飲んでいた。

僕は知らんぷりして、ビールを飲んでいた。

信じていれば世界は、君をさらってくれる。
分かり合うために必要なものは心臓の音を確かめる為に
耳を澄ますこと。

いつだってやり過ごす方法はいくつもあって
そのいくつかを僕らは選んでしまうことがあるだろう。

それもいくつかの中の一つの方法論。
でも、その心さえ持ち続けていれば、いつかきっと。ね。
そういうこと。

僕らは何かを求め合う。
それはいくどとなく形は変わり続ける。