Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

悲しい気持ち

悲しい気持ち

自分の変わりに死んでくれるものはなんだろうか。
twitterであるだろうか。

僕たちはとても弱い生き物で、
友達、恋人を失ったり、仕事を失ったり、その他もろもろの大切なものを失ったり、
悲しんだりしたら、すぐにスイッチを押して、
死にてぇ〜なぁ〜とか思ったり、消えてしまおうと思ったりする。

僕らは何を失っているんだろうか。
それとも、失い続けていくことが生きることなのだろうか。

といっても僕らは意図的に死を繰り返し、生を目指す。

生まれ変わりたいと強く望む。
幸せになりたいと叫ぶ。

インターネットの世界は割かし、生と死を繰り返される。
ブログ、ソーシャルネットワーク、ニコ生。


僕らはそうやって生まれては死んで、また生まれる。
繰り返される生に、嫌気がさしたり、快感になったり。

僕らはそうやって繰り返して生きていく。
だけど、本当に求めているのは、リアルなのだ。

生きている実感なのだ。
だから、なんだかおかしいなと思う。

だけど、寂しいから繋がりたいと孤独になりたいと思う。

いつかは果てて消える夢ならば、いっそ失くなってしまえばいいのに。
それなのに、僕は耐えもなくもがき続ける。

幸せになりてぇ〜んだと煙草を吸い。
幸せになるんだと酒を飲む。