Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

優しき子供達

気高く美しい魂。

あの頃、僕は大人になれば、一人で強く生きていけると思っていた。
孤独とか、寂しさとか、きっと乗り越えられるんだろうと思っていた。

しかしながら、気づいたら僕は大人に近づいていて
あの頃の孤独と寂しさと一緒に過ごしている。
ただただ共に生きる道を生きている。

歳をとったら、気づいたら周りに人がいて
沢山助けられながら生きている。

ただ思い込んでいた世界は広く。
僕にその大きさを感じる。

ふとした人の優しさに触れて、救われることもある。

僕は今、僕を生きている。
一生懸命にもがきながら
そして、人の優しさに触れながら。
僕は少し大人になった。
いろんなことが分かるようになったし、出来るようにもなった。
そして、何より視野が広くなった。
いろんなことが見えるようになった。

あの頃の僕をたまに見かける。
僕はあの時彼ら、彼女らが僕にしてくれたようなことがしたいなと思う。
そして、気づいたらしている。
そして、彼ら、彼女らの光を見つめる。
時より光る僕のそれを感じてまた光らせようとする。

人生はそんなに悪いもんじゃないよ。
そう、僕は僕自身に言うんだ。

あの時、君が僕に言ってくれた言葉を僕はまた違う誰かに言っている。


大丈夫。

その一言はいつだって魔法だったんだもの