Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

お金を稼ぐということ

28歳を目前に控え 一般的に正社員として働いて間を抜かせばもう6年目にかかろうとしている。 一年目~三年目まで疑問に思っていたことは 今まで勉強してきたのに、一切働くということは 学校では教わってなかったということ。 えっマジ? 社会って何? そも…

流行り病

まるで流行り病のようだった。 青春時代に引いた風邪のようだ。 落ち込んで、怒って、泣いている。 それが青春だというのであれば 今もそれは続いているのだろう。

毎日が楽しい。

里芋のにっころがしを食べながら 酒を飲んでいる。僕がつくったものだ。 東北の人以外、トマトには砂糖はかけないと ドラマを見て知った。 彼女に嘘をついて友達を遊んだので その反省として、僕の土日は彼女のものだ。 誕生日もおろそかにしていた反省をし…

さよなら

今年もいろんな人を傷つけたし いろんな人に傷つけられたし 洋服はあまり買わなかったし いろんな女の子と付き合って、別れた。 愛の無いセックスもしたし 快感だけの風俗もいった。 嘘も自分にも他人にもたくさんついたし 太ったりもしたし、急に痩せたりも…

はばーないすでー

いろんな思いは口にするけど いったい自分がどんな存在なのか。 どうあるべきで、どうしたいのかっていうのは難しい。 仕事とか、友達とか 家族とか、彼女とか、とか 全てにおいて付き合い方の距離感って一定に出来ないものだと思う。 歳老いたなんていいう…

そして、僕はブログを書く。

仕事の手が空いた。 せっせと仕事をした分、急に仕事が休まるといろいろと考えてしまう。 食べてないお昼ご飯のことや 冷蔵庫に入っているレタスのことを考える。 少しばかり余った豚肉の細切れや、 いつからあるのか分からない納豆や昨日酔っぱらって買った…

10年前か

好きな洋服が、ボロボロになったりして それでも一生懸命着て、ボロボロになってしまって もう着れない洋服のことを考えてた。 気づいてしまった。 この洋服は18歳の時に、買ったやつだ。とか この洋服は20歳の時に、買ったやつだ。とか そんな風に思ってた…

考える。

今日、あなたと電話していない。 なんだか、ぽっかり穴があいたような気持ちだ。 ただ、こうすっぽりと穴が塞がれたような。 型にはめようとしていないのに あなたはすっと入ってきて、すっとでていく。 あなたの言葉はまるで水みたいに透き通って入ってくる…

あい

本当、たかしは私がいないとご飯も食べないのよ。 だから、こんな細くなっちゃって。 だって、あやと一緒にいないとご飯がうまくないんだよ。 と真面目な声でいう彼と、確かに美味しそうに笑って食べる彼女を見ていた。 私は彼がもっと、不思議な感じの女の…

小説

女友達がどこにも行きたくないから、どっか行きたいと言ったので。 小説を渡したら。 そういうとこ、ずるいよねって言われた。 その、ずるいよねが分かっているけど、分からないふりをした。 彼女に電話したら、なんだかちょっと拗ねてた。 今日会えなかった…

話したいこと

君がおすすめの本の感想。 君の誕生日にお洋服を買ってあげたいと思ったこと。 もしも、僕らが結婚した時に 君がおばさんになって、僕がおじさんになった時 僕らの子供のお祝いの洋服を買いに行こう。 君の誕生日はクリスマスとお正月が一気にきたみたいに …

不器用な人

不器用な人っていいですよね。この歳になってみるとなんだか、いいなと思うんです。ちょっと口下手だったり、上手く笑顔ができなかったり。大人になると出来ないことはなるべくやらないようになりますし出来ないこともちょっと頑張ってみたら、少しずつでき…

染みるよ

キスをした。 これでもかっていうくらい優しいやつ。 僕も、彼女も傷ついてきたし 僕にいたっては、いろんな人を傷つけてしまっていたし 自分にできる分の優しさ以上を受け取らない君。 「素直」が一番だよ。と優しく笑っている。 「犬」みたいだね。 いろん…

つつまじい暮らし

今僕は会社でブログを書いている。 お昼休みだ。 玄米おにぎりとサラダを食べて 白湯を飲んでいる。 まるでOLみたいだ。 彼女が出来ていてから 健康的な生活をしたいと思った。 お酒も前より飲むことはなくなったし ご飯も前より食べることはなくなった。 タ…

品川で

今、僕は営業にいくといっていろんなものから逃げ出して品川の喫茶店でこのブログを書いている。簡単に言うとさぼっている。煙草を吸って、アイスコーヒー飲んで明るいビル街見てる。日本人は働きすぎなんだよ。ちくしょー。目がちかちかして、しょうがねぇ…

好きです。

好きです。 あなたは僕ににっこり微笑んで 眠たそうな声で、うんうんと聴いてくれるのが好きです。 今日会った話や、今度の休みは何処へ行こうかと話している時に ちゃんと会話をしてくれるあなたが好きです。 あなたは変な人ね。と言って微笑んでくれるあな…

お待たせしました2番

最近、結婚式が多いからこういうことを考えてみた。 結婚相手の条件。 いっそのこと、この条件に合う人とは もう結婚してもらおう。 無理かもしれないが。。。。 結婚相手の条件①仲良い同性の友達がいること。 ⇒これは僕に仲良い友達がいて 連休や、GWだった…

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあって

旅には、くるりが良い。 www.youtube.com 青森に帰りました。友達3人を実家に。 いっぱいお酒を飲んで、海を眺めてきたぜ。 www.youtube.com 上海蟹食べたい、あなたと食べたいよのコーラス。 www.youtube.com あの頃の僕らといったらこんな感じだった。

人は誰にも心に残る人がいる。

もしも恋に命があるのなら僕はすでに生きてないんだよせめてあなた想わせて www.youtube.com

グルーピー

あの子の仲良しバンドマンが嫌いだ。 君はバンドマンの彼女。 長い髪と派手目な服装。 あの子はなんてたってグルピー あの子はなんてたってグルピー そんな僕もコンプレックスでバンドマン。 それなり、あれなりモテちまう。 あの子はなんてたってグルピー …

君の名は。

映画を見てきた。 君の名は。 男同士で、まだ好きな人の名前覚えてるってことは 自然には会えないから、恋は始まらないという結論。 名前を憶えているあの人に会いたいな。 ごめんね。

心の無いハグ

風俗嬢が帰り際してくるような 女友達が酔っぱらってするような そんなハグ。 お気に入りはなんでしょう? 近づけば沈んでしまう舟。 君は遠くへ行ってしまったのです。 僕は何処へ向かうのでしょう。

兄メモ

愛は寂しさと隣にあるものだろうか。 そういい残された。 日記のメモを境に彼は、この世からいなくなった。 それを知ったのは私の誕生日のことだった。 小包が私の家に兄から来た。 プレゼントの真新しいパソコンと兄が使っていた携帯電話。 そして、遺書。…

シンセっていいよね。

www.youtube.com

何かが足りない気がしている。

上手くいかないのは 自分の精神的なせいなのか。 銀杏BOYZのライブにいった。 友達と長野に行った。 みんなどんどん幸せになっていく横で 僕は悪態をつきながら、POPに踊って ストレスをまき散らし、ビールを飲んでいる。 全ては自分なのだ。 僕と関わって悲…

ミューズ2

元カノと会った。 一番長く付き合った女の子。 僕が21からの付き合いなので もう6年近く知り合いだ。 あの子から言われた子に対して 僕が考えた答えを相談した。 「わたしと言っていること一緒じゃない。」 「結局、あなたはあなたが好きじゃないのよ。」 「…

ミューズ

自分がべったりと張り付いている 拭っても消えない。 それに酔っている自分自身が気持ちが悪い。 ただそれさえも気持ちのよいものだと思ってしまう。 ナルシストさが気持ち悪い。 ただそれさえも気持ちがいい。 それが悲しくなって、涙がでる。 ぐるぐるそれ…

深海魚

夜の深い深いところにいて 眠っている。 ベッドに沈み込んで 光を探している 体が重いよ。引き上げてくれ そこにいくのは怖いから このまま、ここにいさせて 君はここにずっといられないから ラブソングなんて歌わずにいようか。 www.youtube.com

じゃーね

あなたを笑わせるふりで 僕が笑ってた。 好きになっちゃうから。 君といられないと言ったあなた。 君は愛され過ぎているのよ。 なんて、皮肉に笑った。 下品な話ばかり お酒を飲んでばかり 女の子が好きですぐ好きなちゃって でも優しくて、みんなに優しくて…

あなた

あなたに会う日はいつも雨で ずぶぬれで路地裏でキスした午前3時。 大事なのといって、あなたは左手薬指に触れた。大切なのといって、あなたは僕の左手を握る。ずっと夢ばかり見ていたいよね。なんてありふれた生活だけで幸せだなんて笑っていうのに。いつか…

気持ちのサンドイッチ

僕の気持ちは行動になって その行動にまた気持ちをのっける。 僕はこれを気持ちのサンドイッチと呼んでいる。 たまに本質をつく僕を、君はすごい、すごいと手を叩いて笑う。 www.youtube.com

センスの良しあし

私はセンスがいい。 いいセンスを持っている。 ナイスセンス 扇子 www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com

デジャブ

手を触れたら 握り返してくれて 顔を向き合ったら キスをしてくれた。 あぁ~やばい。これ好きになっちゃうやつだって思った。 僕は君と付き合うよって言った。 告白なんかじゃないけど。 酔っぱらってない時に聞かせてね。って君は言った。 最後に何度か彼…

あの子が泣いているから抱きしめた。

酔っぱらっていて記憶がなかったんだ。 僕はまるでどこかのお姫様みたいにキスをして、目覚めた。 王子様であるはずの彼女は泣いていて ただ僕は抱きしめていた。 どちらかが先に抱き合って どちらかが先にキスをしたかは覚えていないけど。 そして、僕は怖…

働く男とウルフルズ

今日は髪にパーマをかけた。 アロハっぽくないアロハも買った。 デニムもリペアした。 働くサラリーマンなのですが 髪の家をがんがんパーマかけてもた。 まぁ、いいか。 美容師さんに彼氏ができたってよかった。良かった。 そして、僕は今日もウルフルズを聞…

もう、その話は聞き飽きた。

ゆとり世代がどーとか、こーとか。 もう聞き飽きた。そんなもんにしがみついているのは 老いたものたちだろ。 ドラマとかでもやっているから、ますますいうけど。 なんつ~か、ピックアップする場所間違ってないか? あぁ~、もう疲れた。そういうおじさんた…

ひらがな

ろっくんろーる。 ひらがらだとかわいらしい。 ひっぷほっぷ。 ひらがなだとかわいらしい。 いまのきぶんにあうおんがくがみあたらない。 かんじがないと、よくわからない。 これはいまかいしゃからかいている。 しごとがぜんぜんすすまない。 あしたはでー…

人たらし

困った時に髪をかきあげる癖や もじゃもじゃした髪から見える笑顔とか 結構、私は好きでした。 掴もうとすると あなたはいつも逃げていって このぐらいの距離感がいいねって言っていたね。 あなたは誰とも付き合うことはなくて 特定の女の子とばかり遊ぶこと…

ペトロールズを聞く夜

逢いたい気持はこの雨のように 全てを濡らして色を増すように 歌詞がいいよね。なんとなく、振られた時に聞きたい。 くびがだるだるのTシャツが欲しいぜ。 長持ちするジーンズが欲しいぜ。 ビール飲んで、ふたりで音楽でも聞いて 横揺れしてようぜ ほら、夏…

僕だって 答えなんか分からないよ。 ただ、悲しい時に笑う時って いい時もあるんだなって思いました。 泣きたいのに みんな笑顔で。 笑顔なのにみんな泣いてて 心で精一杯泣いている姿を見て あの人の生きてきた。 少ない人生で掴みとらなければいけない大事…

人が生きてるって ほら ちゃんと綺麗だったよね

Radioheadの新譜と 大森靖子の新譜をApple musicでリピート 思っていることは今日は書けない。 けど、この曲はいい曲。 www.youtube.com TOKYO BLACK HOLE アーティスト: 大森靖子 出版社/メーカー: avex trax 発売日: 2016/03/23 メディア: CD この商品を含…

君が言っていた景色は綺麗だったよ。

こんなクズな僕だけど君の後ろ髪の後の後の残り香を嗅いでいる。君が言っていた景色綺麗だったよ。君といるのが好きだったよ。目の前のステージをクリアをするだけでいつか来るボーナスステージ待ってる。この指止まれの綺麗な蝶にはなれないよ。捻くれてた…

惨めさを彩る

惨めさを彩る。 奇跡の人っていうドラマを見ている。 僕が大好きな峯田和伸が主役なんだ。 そのドラマの一言。 ワンフレーズ。とてもいい。 なんだかちょっと素敵。 すごくロック。 ロックの定義みたいなもんは なんていうか僕の中で、簡単に言葉にしちゃえ…

若い女

若い女の話。 若い女はたまに僕の部屋に来る。 お腹を空かせているか、とても眠そうにしているか。 だいたい、そんな感じでやってくる。 お腹が空いている時は 朝に来て 眠い時は お昼に来る。 朝に来る時は 6時くらいに連絡が来て 9時にチャイムを鳴らす。 …

僕の世界は変わらないけど、君が世界を変えてしまう。

www.youtube.com www.youtube.com いつでもセンターは圧倒的なかっこよさがある。 欅坂46の平手さんは若干16歳で圧倒的存在感。 曲もかっこいいよね。乃木坂の制服のマネキンも好き。 歌詞も結構いいよね。10代の頃に聞いていたら 僕ももっと共感できたのか…

私の最後の恋人

人生で何度、本気で恋をしただろう。 自分を忘れるくらい恋をしただろう。 あの人は僕の欲しい言葉を 自然にいう不思議な人だった。 あの人は僕の言葉をすり抜けて 耳を塞いだまま遠ざかった あの人になりたかった。 今は僕は心を開く事さえ、うまくできない…

独身貴族

独身貴族ランクでいうと今の所、男爵ぐらいにはなっていると思います。 仕事をして、銭湯いって、一杯軽くつまんで、寝る。 女っ気もなく、 仕事場には女の人は皆無。 合コンなんてのも、結局飲んでお話しして その後の展開も別にないし、というか一回でいい…

たわいもないことの重要性

夏目三久のファッションセンスが好きだ。 口下手で緊張しーのあの子が気になる。 その絵素敵だね。 あっこれは私が書いたの。 あっそうなの。僕はいいと思う。 ありがとう。 彼女はうつむきながら、微笑んだ。 スニーカーを履かないあの子。 眠らない僕は君…

スランプ

やる気が出ない。 気分が乗らない。なんてことはたまにあって そういう時は正直、それが過ぎるまで待つのがベストだ。 そういう時こそ悪あがきせず お風呂にゆっくり入ったり ちゃんとご飯を食べたりする。 精神状態をゆっくりにして 思考がまわるのを待つ。…

戯言

恋って、湯冷めのようなものだと思うの。 恋の真っ只中は気持ちの良い暑さだったりするけど その期間が過ぎると、急激に冷めてしまう。 そうならないようにだいたいの男は、そこでまた行動を起こすのだけれど。 少なくとも私が付き合った男はそういうところ…