だいちのこと嘘つき日記

本当と嘘とその間の隙間

考える。

今日、あなたと電話していない。

なんだか、ぽっかり穴があいたような気持ちだ。

ただ、こうすっぽりと穴が塞がれたような。

型にはめようとしていないのに

あなたはすっと入ってきて、すっとでていく。

あなたの言葉はまるで水みたいに透き通って入ってくる。

自分はきっと知っていて、でも言われたくない言葉であったはずのものも

あなたは遠くから放っていくその無意識な言葉も

僕にとってはひたすらに輝いている。

あなたのことが僕はもっと知りたい。

できれば、ずっとそばにいたい。

僕はあなたを好きな理由がわからない。

言葉にできない。でも、少しずつたまっていく。

たまに言葉にすると、ふふふと笑って、ごまかされるけど

僕はあなたが好きだ。きっとあなたもそれを知っている。

そして、あなたは言葉にしないのだけれど

あなたのためよ。とほんのたまに恥ずかしそうにいう。

わかってるでしょとあなたはいって。

僕は、気づく。あなたがしているその行動ひとつひとつが大事だ。

あなたの時間も、あなたの友達も、あなたの愛した人でさえも

愛おしい。僕はあなたを好きなんだと思う。

でも言葉にしたところで薄っぺらくなってしまうような気がして

こうして、あなたに読まれない。読ませないであろう言葉をただただ書いて気を紛らわしている。

あなたは僕にとって、恋人なのだけれど

まるで実感がないくらい僕はあなたのことをふと考える。

 

Remove all ads

あい

本当、たかしは私がいないとご飯も食べないのよ。

だから、こんな細くなっちゃって。

だって、あやと一緒にいないとご飯がうまくないんだよ。

と真面目な声でいう彼と、確かに美味しそうに笑って食べる彼女を見ていた。

私は彼がもっと、不思議な感じの女の人と付き合っていると思ったんだけど

思いの外、すごく健康的で素敵に笑う優しい人だった。

ものすごく食べるのだけれど、それが下品じゃない。

私もこの人のことをすごく好きになった。

 

私は聞いた。なぜ、たかしさんを好きになったんですか?

そしたら、二人とも見つめ合って、笑った。

「それがね。わからないんだよ。」

そう、二人ともいった。

なんとなく、居心地がよくて

一緒にいたら、なんとなく好きになったんだよ。

この人ってみんなに優しいじゃない?

だから、なんだかいけ好かないやつだと私は思ってたの。

でも一緒にいるとね。本当に不器用なの。

全部が不器用でだからこそ、そういうの練習してきての

優しさだったんだよね。ほら、この人、私にはじめてキスするとき

「よろしいでしょうか。」なんて言ったのよ。笑っちゃうでしょ。

私はそれでなんとなく恋を諦めた。

あぁ〜圧倒的だと思った。

二人はもう恋ではないのだ。

愛なのだ。だから、私のたかしさんへの恋ももろともしない。

 

そして、あやさんは私を傷つけないように、してくれている。

嫌な女を演じてくれているのだ。

たかしさんは、私の好意を知らないから、

優しくできるのだ。

そして、たかしさんは私のことなんか気にもとめてないのだ。

だって、たかしさんはあやさんのことしか愛していないのだから。

Remove all ads

小説

女友達がどこにも行きたくないから、どっか行きたいと言ったので。

小説を渡したら。

そういうとこ、ずるいよねって言われた。

その、ずるいよねが分かっているけど、分からないふりをした。

 

彼女に電話したら、なんだかちょっと拗ねてた。

今日会えなかったからな。なんて思いながら。

 

好きって言わないくせになってちょっと意地悪してしまった。

反省。今度あったら、優しくしてあげよう。

 

Remove all ads

話したいこと

君がおすすめの本の感想。

君の誕生日にお洋服を買ってあげたいと思ったこと。

もしも、僕らが結婚した時に

君がおばさんになって、僕がおじさんになった時

僕らの子供のお祝いの洋服を買いに行こう。

君の誕生日はクリスマスとお正月が一気にきたみたいに

お祝いしてあげたいこと。

そして、僕が昔恋をした女の子のことは僕らの子供にだけ教えよう。

 

不器用な人

不器用な人っていいですよね。
この歳になってみるとなんだか、いいなと思うんです。
ちょっと口下手だったり、上手く笑顔ができなかったり。
大人になると出来ないことはなるべくやらないようになりますし
出来ないこともちょっと頑張ってみたら、少しずつできるようになります。
無駄にうまくなっていくこともあるんです。

不器用だけど、頑張っているってかわいいし、かっこいいんですよね。
一生懸命さって行動に映るというか。

大人になると、怖いものがなくなるなんて思ってたけど
そうでもないです。すっごく怖いです。

仕事で失敗するのも嫌だし
叱られるのも嫌だ。
彼女に嫌われるのも嫌だし
友達と疎遠になっちゃうのも嫌だ。

嫌だなと思ったら、怖くなります。
でも、大事な時は怖いなって思っても飛び込みます。
そういう頑張りが見える瞬間って素敵です。

そういうのをスプーンですくって
カップにいっぱい詰め込みたい。

世界のやさしさの上澄みを少し舐めてみたい。

Remove all ads

染みるよ

キスをした。

これでもかっていうくらい優しいやつ。

僕も、彼女も傷ついてきたし

僕にいたっては、いろんな人を傷つけてしまっていたし

自分にできる分の優しさ以上を受け取らない君。

 

「素直」が一番だよ。と優しく笑っている。

「犬」みたいだね。

いろんな言葉を少しずつ染み込ませていく。

 

www.youtube.com

 

Remove all ads

つつまじい暮らし

今僕は会社でブログを書いている。


お昼休みだ。

 

玄米おにぎりとサラダを食べて


白湯を飲んでいる。


まるでOLみたいだ。

 

彼女が出来ていてから


健康的な生活をしたいと思った。

 

お酒も前より飲むことはなくなったし


ご飯も前より食べることはなくなった。


タバコは今でもそれなりに吸っているけど。

 


しまじろうのわお!(ペトロールズ) 『はの うた』